どんな資格があるの?

ヨガインストラクターの代表的な資格を紹介

ヨガインストラクターには公的な資格がなく、資格を持っていなくてもインストラクターを名乗ることができます。しかし、実際には何らかの資格を持っていて当たり前の世界。複数の資格を保有しているインストラクターも少なくありません。現在、たくさんの民間資格が設けられていて、それぞれ特色が異なります。今後、ヨガを仕事に活かしていきたい人は、資格の種類を覚えておくと良いでしょう。

全米ヨガアライアンス

世界で最も有名なヨガインストラクターの資格です。日本でも数百名の認定指導者が存在し、インストラクターの中でも最も多くの人が保有している資格です。指導者になるためには、RYT200(200時間)またはRYT500(200時間+300時間)の受講が定められています。
(費用目安:RYT200の場合400,000~500,000円)

日本統合医学協会

基礎医学、心理学、カウンセリング学の知識を基にメディカルアロマセラピー等の資格取得を目的としています。資格取得後は家族の健康作りだけなく、医療・福祉の現場で活用が期待できます。
(費用目安:オンライン資格40,000円)

一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)

ヨガに対する幅広い知識と、実用的かつ臨機応変な応用力を身に付けることを目的としています。コース受講後は認定スクールや教室でインストラクターとして指導できたり、教室を開校したりすることも可能です。
(費用目安:3級 約90,000円、2級 約200,000円、準1級シニアクラス 約200,000円、1級シニアクラス 約400,000円)

社団法人日本ヨガインストラクター協会(JYIA)

ヨガインストラクターに必要な知識と技術のほか、「健康と心の教育」にも力を入れています。美容・健康・ストレス解消を目的に設立された協会で、ライセンス取得後は開業することも可能です。
(費用目安:マスター(3級)75,000円、アドバンス(2級)198,000円、シニア(1級) 395,000円、1級シニアクラス 約400,000円)

国際ボディメンテナンス協会(IBMA)

アーサナの筋肉の使い方、身体の意識の仕方を学ぶコースで、生徒同士で確かめ合い、身体に触れ合いながら実践的な技術を身に付けていきます。
(費用目安:189,000円)

J-YOGA

ジャパンヨガカレッジが認定する資格で、2級に合格するとジャパンヨガカレッジのインストラクターとして登録されます。
(費用目安:160,000円)

講師には資格よりも技量・知識・コミュニケーションが問われる

ヨガインストラクターとして就職する上で、上記で紹介した資格を取得していると有利であることは間違いありません。ですが、さらにインストラクターとして長く活躍していくためには資格よりもヨガの技量や知識、そして人気がある講師かどうかも大切な条件となります。指導方法やコミュニケーションスキルも問われる職業です。こうした総合的なスキルを学ぶためにも、ヨガインストラクターの学校に入学するのが近道と言えます。

インストラクターとして働きたい!卒業後の選択肢が多いヨガスクール3選

JOTヨガ・ピラティス
カレッジ

JOTヨガ・ピラティスカレッジの公式キャプチャ
  • 医療機関で活用
  • 福祉機関で活用
  • スポーツクラブ/スタジオで働く
  • フリーランスとして働く
  • 起業、会社設立
  • 副業として働く
  • 現職に活かす
JOTヨガ・ピラティスカレッジ
のレッスン詳細を
公式サイトでチェック

YMCメディカル
トレーナーズスクール

YMCメディカルトレーナーズスクールの公式キャプチャ
  • スポーツクラブ/スタジオで働く
  • フリーランスとして働く
  • 起業、会社設立
  • 副業として働く
  • 現職に活かす
YMCメディカルトレーナーズスクールのレッスン詳細を
公式サイトでチェック

ヨガヴィオラ
トリコロール

ヨガヴィオラトリコロールの公式キャプチャ
  • スポーツクラブ/スタジオで働く
  • フリーランスとして働く
  • 起業、会社設立
  • 副業として働く
  • 現職に活かす
ヨガヴィオラトリコロールの
レッスン詳細を
公式サイトでチェック