公開日: |最終更新日時:

どういう場所で活躍できる?

ヨガインストラクターの就業先の実例を紹介

晴れてスクールを修了。でも、その先、ヨガインストラクターとして活躍できる場所はあるのか気になりますよね。ヨガスタジオに就職と言っても、すでに活躍している先輩方がいるから空き枠がなさそう…。開業するにしても競合が多すぎる…。といった心配もあるかと思います。しかし、ヨガインストラクターの就業先は幅広く、ヨガスタジオ以外にも働く場所は意外と多く存在します。ヨガインストラクターとしての就業先の選択肢を見ていきましょう。

ヨガスタジオ

最もオーソドックスな就業先です。大手から個人経営まで、多くのスタジオがあります。また、スクールに併設されているスタジオにアシスタントとして就職し、修行を積んだ後に一人前のインストラクターとしてデビューするケースもあり、スタジオによってデビューまでの期間はさまざまです。

スポーツクラブ・フィットネスクラブ

ヨガをプログラムの一つとして取り入れているスポーツクラブやフィットネスクラブに講師として働く方法です。スタジオ専属のインストラクターまたはフリーランスの講師として契約するケースと両方あります。

フリーランス

どこの施設にも属さずフリーランスで仕事を請け負う働き方です。スタジオと直接契約を結び、「1レッスンあたり〇〇〇〇円」でという形で報酬を得るのが一般的です。

医療・福祉施設

リハビリの一環や生活習慣病の改善などを目的として、ヨガのプログラムが取り入れる医療・福祉施設が増えています。医療の観点からヨガを学べる専門スクールも登場するなど、近年需要が高まっている分野です。

スクールを選ぶ際のポイントは「選択肢の多さ」

現時点でヨガインストラクターとしての働き方や目標が定まっている方は、その目標が叶えられるスクールに入学すれば良いですが、まだ決まっていない方はできるだけ就業先の選択肢が多いスクールを選ぶのがおすすめです。

併設のヨガスタジオを持っている、フィットネスクラブと太いパイプがある、独立・開業支援が充実している、医療・福祉施設を紹介してもらえるなど、就業実績が豊富なスクールだと安心です。

インストラクターとして働きたい!卒業後の選択肢が多いヨガスクール3選

公式HPに卒業後の就職サポートの記述があり、インストラクターとしてのインターン制度がある3校をご紹介します。就職までのサポートが手厚いスクールばかりですので、せひ参考にしてみてください。(調査日時:2016年12月)

JOTヨガ・ピラティス
カレッジ

JOTヨガ・ピラティスカレッジの公式キャプチャ

引用元:ヨガ・ピラティスカレッジ
https://www.yogainstructor-train.com/

就職・開業のサポート内容:
7種類

  • 医療従事者によるメディカルセミナー
  • カレッジHPで開業・運営の告知可能
  • 個別進路相談
  • オーディション情報配信
  • オーディション対策
  • 在学生へのルーキーレッスン可能
  • 商品の割引購入制度
JOTヨガ・ピラティスカレッジ
のレッスン詳細を
公式サイトでチェック

YMCメディカル
トレーナーズスクール

YMCメディカルトレーナーズスクールの公式キャプチャ

引用元:YMCメディカル
https://ymcschool.jp/

就職・開業のサポート内容:
3種類

  • 就職サポート専任がいる
  • オーディション情報配信
  • オーディション対策
YMCメディカルトレーナーズスクールのレッスン詳細を
公式サイトでチェック

ヨガヴィオラ
トリコロール

ヨガヴィオラトリコロールの公式キャプチャ

引用元:ヨガヴィオラトリコロール
https://yoga-viola.net/

就職・開業のサポート内容:
5種類

  • 無料勉強会の開催
  • スタジオレンタルが無料
  • オーディション対策
  • 在学生へのルーキーレッスン可能
  • 商品の割引購入制度
ヨガヴィオラトリコロールの
レッスン詳細を
公式サイトでチェック